無料カウンター







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Liverpool Care Pathway 

今朝、緩和ケアで入院していた患者さんが亡くなりました。

うちの病棟は今のところ人手不足で夜勤帯は看護師一人、ケアラー一人で16人の患者さんを看ています。
昨日の入院患者数は週末ということもあって14名。脳梗塞や骨折後のリハビリで入院している高齢者の患者さんが12名、緩和ケアの高齢者の方が2名という内訳でした。
緩和ケアの患者さんのお一人は先週からシリンジドライバーという24時間の持続皮下注射で麻薬や鎮静剤などを投与する小型の機械で麻薬が持続投与されていて、金曜からかなり意識レベルが落ちてきていました。
緩和ケアの分野で用いられているリバプール・ケア・パスウェイという死期が迫っている患者さんに用いる看護記録も先週からこの患者さんの記録で使用されるようになり、いつお亡くなりになってもおかしくない状態ではあったんです。

でも私は日本にいるときから本当に「つかない」ナースだったので、日本で働いているときも患者さんの死に立ち会うことってほとんどなかったんですよね。
でも今の病棟で働くようになって何人かの患者さんは看取ってきたんですが、そういう時は大抵もう一人看護師がいる勤務の時だったので私一人で全て対応するってことはなかったんです。
でも昨日の勤務は私しか看護師がいない状態で、うちは常駐の医師もいないので全て一人で仕切らなきゃいけなくて大変でした・・・。

シリンジドライバーのチェック、リバプールケアパスウェイの記録、亡くなられた患者さんの家族への対応やそれと平行してリハビリの患者さんのトイレ介助やその他のケアもあるのでなんだかバタバタした勤務でした。

すごく残念だったのは頻繁に顔を出されていた家族の方が患者さんの死の瞬間に間に合わなかったこと。
患者さんの家族を呼ぶタイミングって本当にすごく難しい。呼吸状態は低下しているものの比較的安定していたのがいきなり呼吸が止まってしまったので予期することが出来ませんでした。

もう一人ナースがいればお互いの意見を交換できるので一人で背負い込むこともないんですが、昨日のようにすべて私の判断で決めなければいけない状況だと「もっと早くに家族の方を呼んでおけば間に合ったのではないか」と考えてしまいます。
家族の方も覚悟はしていたものの同じように色々後悔してしまうようで「家に帰らずに一緒にいてあげていれば死の瞬間に立ち会えたのに」とおっしゃっていました。
家族の方の後悔の念を和らげるために「突然でしたが安らかな死でしたよ。それに昨日一日ずっと一緒にいらっしゃったことは患者さんにも伝わっていますから。」ということは伝えたのですが、こういうときにかける言葉って本当になんて言ったらいいのかといつも悩んでしまいます。私自身、今まで身内の死の瞬間にいつも立ち会えないできたので、家族の方の気持ちがわかるだけにつらい・・・。


ただ一つ救いだったのは苦しまずに安らかにお亡くなりになられたこと。家族の方がそばにいる時に亡くなられていたらこんな気持ちにはならなかったんでしょうが・・・。
この仕事に就いている以上こういう思いがついてまわるのは仕方がないというのはわかっているんですが、家族の方に見守られずに亡くなられる方をみてしまうとついついやりきれない気持ちになってしまいますね。


スポンサーサイト

[2007/06/17 17:45] イギリスの医療 | TB(0) | CM(6)

私も

こんにちわ。久しぶりに書き込みさせていただきます。
実は私も先日患者さんの死に立ち会いました。
うちはプライベートの病院なので、年間にしてなくなる患者さんは約5人程度。
内科患者さんもいますが、急性期外科がほとんどで、ターミナルの患者さんは、ホスピスへ送ることが多いです。
先日、6週間入院されていた患者さんを看取りました。
6週間も、病棟にいたので、私もかなり情が入っている状態で、とても悲しかったです。
でも、もっと悲しかったのは家族のはず。
朝、病院に来て、お昼を食べに外に出ている間の出来事でした。すぐに携帯で連絡しましたが、応答されず、家族が戻って苦た時は、本当にショックを隠しきれない状態でした。
朝まで、まだお話できてたのに。
私もかける言葉が見つからず。
数分前まで、声を掛けてなのに、次の瞬間部屋に行くと、なくなられてました。

イギリスの病院で患者さんの死にあたったのは、2回目。本当に、なにか、もっと自分にできたんじゃ。という、後悔の気持ちが襲ってきました。

本当に死期を判断するのは、予想がつかず難しいですよね。

[2007/06/17 20:01] keiko [ 編集 ]

難しいですよね

家族を呼ぶタイミングは難しいですよね。
私も患者さんが亡くなるときに家族を呼べなかったケースに何度も出会いました
Harryさんの看取った患者さんのようにスッと行かれる方もいるのでそれを予期して家族を呼ぶというのは難しいと思います

Harryさんのところも多分同じだと思いますが、私の職場も予後がもう数日かもしれない、LCPでケアする患者さんの家族には、連絡先を聞くときに、家からホスピスまで何分かかるか、ホスピスに家族が泊まれる施設もあるがどうするかも聞きます
泊まるのは強制ではないので、家族が家にもどりたい、何か状態が変わったときに呼んで欲しいといわれる場合は、突然状態が変わるときもあるので臨終に間に合わないこともあることを伝えておきます。

個人的な見解ですけど、けっこうな確立で毎日面会に来ていたご家族を避けるかのようにひっそりと亡くなられる患者さんがいるような気がします。
家族にとって患者さんの息が止まる瞬間を見つめるというのもかなりのトラウマになる気がします。だから、そんな思いをさせたくない人はひっそりと逝かれるんじゃないかなと思います。

[2007/06/18 12:47] H i [ 編集 ]

Keikoさんへ

お久しぶりです。
本当に死期を予測するのって難しいですよね。
わかってはいるんですが。いざそういう場面に立ち会ってしまうと色々考えてしまうことが多くて・・・。

この患者さんはホスピスから転送されて来た方でうちの病棟に来て一週間ほどでお亡くなりになりました。

長く入院されている患者さんだとだんだん情も移ってきてお亡くなりになられた時のショックも大きいですよね。


[2007/06/20 17:10] Harry [ 編集 ]

Hiさんへ

本当に不思議なことに家族が死の瞬間を看取りたいっていう人ほど家族の方がいないときに亡くなられるパターンって多いよね。

この患者さんの家族は病院から10分のところに住んでいたので死の瞬間に立ち会えるだろうと家族の方は思っていたみたい。今晩泊まっていきますかと聞いたんだけどね・・・。

本当に何年看護師やってても、家族をなくされた方への声かけって悩んでしまうわー。

[2007/06/20 17:15] Harry [ 編集 ]

むずかしいね

久しぶりです 私の職業では死に直面することはないけどやっぱり関った方が亡くなられるのは寂しいよね ましてや長い付き合いの方は家族に近い感情がでるし ただ誰もいないときに亡くなるより誰かに最期を診てもらっていた安心感は救いだよね 比べることは難しい内容だけどね
[2007/06/23 01:49] なおこ [ 編集 ]

なおこちゃんへ

久しぶりー。お元気?

この職業に就いてると患者さんを看取ることはついてまわるんだけどやっぱり慣れないよね・・・。

今うちの病棟にいる緩和ケアの患者さんはかれこれ4ヶ月ぐらいうちの病棟にいるすごく素敵な方なのでこの方を看取る時はもっとショックだろうなと思う。


[2007/06/25 14:38] Harry [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanaspring.blog39.fc2.com/tb.php/247-181e187d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。