FC2ブログ

無料カウンター







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パーソンセンタードケアの言葉の使用について 

認知症のケア理論である「パーソンセンタードケア」という言葉自体の使用を日本で制限するという怪情報が日本の出版業界や認知症ケアの専門家の間で現在流れています。

パーソンセンタードケアは元々はアメリカ人の心理学者カール・ロジャースが始めたカウンセリング方法なのですが、イギリスのブラッドフォード大学で教鞭を取っていた故トム・キットウッド氏の業績によって世界に知れ渡ったケア理論です。
パーソンセンタードケア(PCC)は日本ではまだ真新しい言葉で、PCCについて書かれた本もまだ数少ない状態でこれからより研究し広めていかなくてはいけない状況です。

最近になってようやくPCCが普及し始めた日本の状況に水を差すように、
「日本においてPCCについて語れる・PCCという言葉を使用できるのはブラッドフォード大学のDementia Care Mapping(DCM)についての指導者研修を修了した者のみとするという制限がブラッドフォード大学側の意向であり、研修修了者以外は日本においてパーソンセンタードケアという言葉は使用できない」
というとんでもない情報が今週流れ、日本の認知症ケアに関わる人はさぞ頭を抱えたことと思います。

実は今度、日本の老年看護の雑誌に私の手記が掲載されることになりました。そのなかで私がPCCについても書いたことから、編集者の方から連絡があり、私がブラッドフォード大学の研修を修了していないのであればPCCについて記載の箇所を削除しなければいけないという旨を伝えられました。

PCCの研究をしている人であればそんなことはありえない、ブラッドフォード大学にそんな権限はないということはすぐにわかると思うのですが、日本ではその情報を信じきっている状態でした。

日本の出版会社関係の方に事の真偽を解明するまで私の原稿に関する決定は待ってもらうようにお話し、すぐに恩師に連絡をしたところ恩師もそんなおかしなことは起こりえないと私と同じ見解でした。

きちんと誤解を解くためにはブラッドフォード大学の関係者の方に話を聞くしかないと思い、ブラッドフォード大学のDementia Care Researchグループの教授にメールしたところ、すぐに返事が届き、ブラッドフォード大学はパーソンセンタードケアという言葉に著作権は持っていないし、DCMについてもメソッドについては著作権が発生するものの言葉の使用については問題ないとのことでした。

すぐに教授からのメールを出版会社に転送し、私の原稿は手直し無しで掲載されることになり、この情報が真実ではないということも伝えました。

この情報の出所は日本の認知症ケアの研究機関のスタッフからのものでこの研究機関では今後パーソンセンタードケアという言葉については使用しない方針だとこのスタッフの方は言っていたそうです。

どうして日本の研究機関の方がこんな情報を信じてしまうのでしょうか?
私のような学生でもこの情報がおかしいということはすぐにわかることです。
こんなとんでもない偽の情報が日本で信じられてこのまま広まってしまっていたら日本の認知症ケアの発展がますます遅れるところでした。
素晴らしいケア理論があるのにそれについて語ることが出来ない状況に陥るところだったのです。
ただでさえ日本ではこの分野での研究が遅れているというのに、その研究を行う機関のスタッフの方からこんな情報が流れるなんて信じられません。
それにどうして誰も情報の真偽を確かめるためにブラッドフォード大学に直接連絡を取らなかったのでしょうか?

ブラッドフォード大学の教授も今回の怪情報についてはかなり懸念しているようで、日本の関係者に今回の件についてきちんと話をするということでした。

ブラッドフォード大学の教授からの返事にはこう書かれていました。
「もしも私たちがパーソンセンタードケアという言葉の使用を制限してしまったら、そのケア理論の発展を促すことは出来ないですよね?そういうことはあってはならないと思います。」

ブラッドフォード大学の認知症ケアの研究はとても有名でその大学がそんな馬鹿げたことをすることは無いと思っていました。
そのことをきちんとブラッドフォード大学の教授から教えていただくことが出来て本当に安心しました。

この情報が流れてからメールの返事をもらうまでの間、どうしてこんなことが起こるんだろう、こんなことでは日本の認知症ケアはどんどん欧米から遅れてしまうと焦りにも似た感情を抱いていました。
今回この情報が全くのでたらめだったということがわかり本当にホッとしています。

バリデーションテクニックにいい部分や悪い部分があったようにPCCにも改善していかなくてはいけない部分がまだまだ残されていると思います。
そういった意味でこのケア理論について論じる場がなくなってしまうようなことが今後起こらないように、日本の認知症ケアの専門家の方たちにはきちんとした情報を信じていただきたいと思います。

スポンサーサイト

[2007/03/10 05:20] 老年看護 | TB(0) | CM(4)

すごいね

Hちゃんはすごい 私のできないことばかりで尊敬しちゃう 今後も楽しみにしています
[2007/03/11 03:28] なおこ  [ 編集 ]

なおこちゃんへ

いや、私なんて医療英語もあやふやだしもっと勉強しなきゃいけないこと山盛りよ。

明日夜勤したら中国経由で日本に帰ります。
Rでランチ是非しましょう。
[2007/03/13 21:13] Harry [ 編集 ]

ビール・洋酒

ビール・洋酒を探すなら http://www.mladickrealty.com/510915/
[2008/09/13 09:58] - [ 編集 ]

【日本農林規格ダイエット】

日本薬局方は、厚生労働大臣が定めた医薬品の規格基準書です http://gazelle.victoriaclippermagazine.com/
[2008/10/15 04:20] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanaspring.blog39.fc2.com/tb.php/222-c276ad31





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。