無料カウンター







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NHS Dispatches 

今5月提出の課題を二つ抱えています。
そのうちの一つがメディアで取り上げられた高齢者に関するトピックを一つ選んでプレゼンテーションを行い、その後論文を提出するというものです。

今日チャンネル4でNHSの資金難に関する問題を取り上げたドキュメンタリー番組をやっていたので課題に使えるかなと思い観てました。

観た感想は、あまりのNHSの現状のひどさに途中で観るのをやめたくなりました。

一応大学院で公共政策を学んだ立場としては今のNew Labour政権のNHSの資金難に関する楽観過ぎる見通しは本当にお粗末としかいえないと思います。
この番組でも日本で言うところの厚生労働省のような機関の代表者が出ていましたが、インタビュアーの意見を聞かずにひたすら言い訳と自分の主張を言い切っただけで、今NHSが抱える問題点をどこまで彼女が理解しているのかも伝わってこないなんとも滑稽なインタビューでした。

現場の専門家はみんなこのままではNHSは衰退しますますひどい状況になると言っていますが、政策を決める政治家達がどれほどこの問題点を理解しているのか・・・。
ブレア首相は国会で「わが国の保健システムは他国の羨望を集めている」とのたまってますし、Department Of Healthの代表者も「2006年はNHSにとって最も素晴らしい一年だった」なーんて現状を全く正視していないコメントを言ってますからこのままNew Labourの政策方針が変わらなければNHSの危機的状況が悪化するのは間違いないでしょう。

うちの職場もここのところ毎日人手不足ですが未だに求人広告は出ていませんし、新しいFinancial Yearに入ってからでないとこの現状は変わらないでしょう。

このトピックを選ぶとあまりにも気持ちがすさみそうなので課題には他のトピックを選ぼうと番組を観終わってから思いました。

日本で介護保険策定委員会の委員をしていた時も実際に保険料を決める現場の人間の知識不足には閉口してましたが、東京などでは介護保険策定委員会の委員を一般からの応募も受け付けるようになってきていますし、日本のほうがイギリスに比べると救われる要素は多いような気がします。

来月にはイギリスの看護師免許の更新をしなければいけません。
私の現在の職場での就労許可はあと二年半。未だに看護師の就職難の状態は変わっていませんし、二年半後にビザが更新できるかどうか怪しい状態です。苦労して取った免許が紙切れになってしまわないといいですけど。




スポンサーサイト

[2007/02/27 06:26] イギリスの医療 | TB(0) | CM(1)

車・バイク

車・バイクを探すなら http://www.mikefannon.com/101114/
[2008/09/16 07:34] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanaspring.blog39.fc2.com/tb.php/218-3740a917





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。