FC2ブログ

無料カウンター







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

追い込まれてます。 

いやー、課題がなかなか進みません。
まあ現実逃避して部屋片付けたり、ガイドブック見ながら3月と4月の旅行計画立てちゃったりしてるので自業自得なんですけどね・・・。

今回の課題は3000語のエッセー。私が選んだのは「認知症のある高齢者のPain Assessmentの信憑性について」というお題。
一つの論文を選び、その論文のリサーチ方法について検証しながらその研究内容は妥当かどうか、信頼度は高いかどうかなどを述べるというもの。書きたいことは大体頭の中にあるんだけれどそれを文章に、しかも英文にするのに時間がかかってしょうがない。

夜中までうだうだとまとまらない理論を頭の中で整理してたので朝はゆっくり起きようかと思ったら病棟からの電話で起こされた。
病棟クラークの人からの電話で
「今日静脈注射の講習会があるのを伝えておこうと思って。あと5分で始まっちゃうけど来れますよね?」
だって。
なにー?そんなもの聞いてない!今まだベッドの中だから他の日に変えて欲しいと言ったがそれは出来ないとつれない一言。

イギリスでは静脈注射は規定の講習を受けてそれを修了しないと看護師免許を持っていても行えないことになっている。その講習をあなたにも受けてもらいたいんだけどという打診が主任からあったのが2日前。どこにもその日程や場所、時間なども明記されていなかったのでいつ行われるか知らなかったけれどまさかこんなすぐに行われるとは・・・。

仕方ないので飛び起きて病院に向かいましたよ。
そしたらきちんと連絡してくれなかった主任さんが病棟にいて
「なにやってんの?遅刻よ!早く行きなさい!」と半笑いで言うではないか。まったくいったい誰のせいだと思ってるんだ!

半分寝ている頭で講習に参加。
イギリス人ナースでこの講習に参加している人達は全員一度も採血を行ったことがないらしい。なのでかなり初歩的な質問ばかりが飛び交っててそれにちょっとびっくり。
指導担当のナースが採血のデモをするのに実験台になってくれる人を募るがだれも針を刺されたくない様子。寝ぼけていて痛みもあまり感じないかなと思ってあえて私が実験台になりました。もちろんアルコール綿での消毒なんてしてもらえませんでした。講習の時ぐらいすればいいのに・・・。

イギリスでは普通の注射器での採血は違法らしく、老人のような細い血管でも真空管で採血しなければいけないとのこと。
もしも一回で採血が成功しなければ2回までしかやりなおしができないらしい。

これから3日間の実習をナース同士で行い、それが無事に終了すれば患者さんの採血をすることも可能になる。
「採血する時の針の刺入角度は何度ですか?」なんて初歩的な質問をしてた新人ナースの子と血を取りあうわけで、きっと血管穴だらけにされるんだろうなー・・・。ぞっとします。
スポンサーサイト

[2007/01/15 00:41] 日記 | TB(0) | CM(7)

すごいね

私は看護の知識がないから採血のこともさっぱりわからないけど国によっても看護師の知識も経験も違うんだね ポイントをおくところが違うのかな?ちゃんと傷跡消毒してね お大事に!  
今朝は息子のイタズラ(植木鉢での土遊び)を片付けて今から不用品を売りに行こうかと思ってます(パパさん行きつけ?○ン○ルに!)いくらになるかわからないけどリサイクルね!行ってきます!
[2007/01/15 00:36] なおこ  [ 編集 ]

なおこちゃんへ

うちの親に会った?
会社に行くよりも多く○ン○ルに通ってるからね。
毎回帰国するたびに不思議グッズが増えてるからきっとあの店で仕入れて来るんだと思う。(笑)


[2007/01/15 11:35] Harry [ 編集 ]

Harryさんへ

こんにちは。

初めて書き込みします。

ロンドンから電車でくだった田舎に住んでいるパンジーといいます。

コベントガーデンと占いで検索をしていたら、Harryさんの前の日記にたどり着いてここまでやってきました。

素敵な日記のサイトですね。

古い話でもうしわけありません。

去年のHarryさんの日記で、Harryさんがお友達と、ロンドンのコベントガーデンに占いに行かれたというお話を読みました。

私も、今、占いに興味がありまして、今度ロンドンに出掛けた際に、是非、Harryさんと同じ方にみて貰おうと思っているのですが、その占い師の方は、もしかしてパットさんという女性でしょうか?

ずうずうしくってごめんなさい。
もし差し支えなかったら教えて頂けるとうれしいです。

ご自分の夢を異国で実現していらっしゃるHarryさんは素晴らしいですね。スクリーンを通して陰ながら応援しています、これからも、よいお仕事をされてください。





[2007/01/15 17:57] パンジー [ 編集 ]

パンジーさんへ

初めまして。コメント残してくださってありがとうございます。

私たちがみてもらったのはマーサさんという方だった気がします。30代前半ぐらいのブロンド女性です。
私の場合過去については当たっていたのですが、未来については彼女の言う通りにはなりませんでした。友人の場合も当たらなかったようですので彼女がすごいかどうかはちょっとなんとも言えないですけど・・・。
見てもらいたい方が決まっているなら事前に予約してから行かれたほうがいいかもしれません。私たちの場合は行き当たりばったりだったのでその時間帯に空いていた彼女に見てもらいました。

こんな情報で参考になりますでしょうか?
占いの結果が良いといいですね。

ロンドンを下った田舎と言うとご近所さんかもしれませんね。私はロンドンから1時間ほど電車で南へ下ったところに住んでいます。

またお暇な時にでもこのブログに遊びに来てくださいね。

[2007/01/18 00:21] Harry [ 編集 ]

Harryさん

占いについての私の不躾な質問に丁寧に答えてくださって、ありがとうございました!

Harryさんが鑑定していただいた方は、マーサさんとおっしゃるのですね。ちょうど、ロンドンに出る用事がある時に其の方の予約がとれたら、私もみていただこうと思います。

私はサリー州に住んでいるのですが、鑑定料と電車代とランチ代で占いにいくだけで、結構な出費になってしまいます。日本みたいに二千円位で、手軽に占って貰えるとすごくうれしいんですが、物価の高いこの国では難しいのでしょうね。

Harryさん、課題大変そうですね。でもそんな難しい課題をこなすことが出来るHarryさんはスゴイです。

今日は冷え込みが厳しいですが、暖かくしてお過ごしください。また遊びにきます。











[2007/01/23 16:35] パンジー [ 編集 ]

パンジーさんへ

マーサさん(だったと思います。)感じのよい方でしたのでまだそのお店にいるといいですね。
鑑定料は30分で25ポンド。最後に鑑定を録音したテープがもらえますよ。

私はグラストン・ベリーに行った時にヒッピー風のおばちゃんに声をかけられ、値段交渉して10ポンドで占ってもらったこともあります。
グラストン・ベリーは占い師の方のお店も多くて不思議な町でしたよ。

課題、5月までは解放されそうなのでつかの間の開放感を今のうちに味わっておこうと思います。

私はサリー州とハンプシャーの境目に住んでいるのでロンドンは月に一回行ければいいほうです。
ほんと物価が高いのでなかなか遊びに出かけにくいですよね。

本当に最近寒いのでパンジーさんも体調管理気をつけてくださいね。この国の医療はあてにならないので。
(NHSで働いてる私が言っちゃいけないんですがこんなこと・・・。)



[2007/01/24 00:35] Harry [ 編集 ]

バイク車体(新車・中古車)

バイク車体(新車・中古車)を探すなら http://www.so-blue.com/101114/200304/
[2008/09/30 19:27] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanaspring.blog39.fc2.com/tb.php/203-3bd4be3d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。