FC2ブログ

無料カウンター







EFLコース 

イギリスに住んでもうすぐ三年。一向に向上しない英語力を何とかしないとなーと最近かなり焦ってました。

昨日は三月に申し込んでおいた地元のカレッジで行われているケンブリッジ英検対策の約3ヶ月間のコースの授業に初参加してきました。
夜勤明けでその日の夜も夜勤だったんですが、睡眠時間削って行って来ました。本当はちょっとサボろうかなという気持ちもあったんですが自分に喝を入れてなんとか参加。

毎日英語を使う環境にいるものの、きちんと「英語」という学問を勉強してなかったのでもうすっかり文法忘れちゃってました。
クラス分けのテストでもかなり恥ずかしい点数を取ってしまい、自分が今までいかにいいかげんな英語力で生き延びてきたかということを再確認するいいきっかけとなりました。
サボらずに来てよかった、がんばらないとやばいなーとちょっとやる気が出ましたよ。

今回私が入ることになったのはCAEのクラス。一応FCEは昔に合格してたのでなんとかアドバンスのクラスに入れてもらえました。
このコースにこれから週二回通って私の最大の弱点の文法をなんとかしようと思います。

生徒の多くは東欧出身者でオーペアとして働いている人が大半。東欧出身の女の子って清楚でかわいい感じの子が多いですね。見習わなきゃなー。

なにせイギリスの田舎なので外国人の人とはなかなか会えないんですよね。イギリス人に話す時とは違って、お互いネイティブじゃないもの同士英語のまちがいをあまり気にしないで話せるので気が楽です。

うちのご近所さんのクラスメイトを発見したので電話番号を交換しました。今住んでいるところにはプライベートで一緒に遊ぶほど仲の良い友達があまりいないのでこれから仲良くなれるといいけれど・・・。

仕事と大学院と英語のコースの三足の草鞋。ちゃんとはきこなせるか心配ですがもうお金払っちゃったので後戻りできませんからね。初日から宿題出ちゃったけど。
まあやるしかないです。がんばります。
スポンサーサイト




[2007/04/21 21:57] 英語 | TB(1) | CM(2)

努力が足りません 

大学院の課題が返ってきました。
今回の課題は締切日の朝に仕上げたもので、英語のチェックをネイティブの友人に入れてもらう余裕も無く全く自信の無いものでした。

結果は合格はしてました。
でも良くも悪くも無くといった結果でなんかすっきりしません。

自分の努力が足りなかったのもわかっているし、あんなギリギリに仕上げていてもっといい結果が欲しいなんていうのは贅沢な気もします。
ずっと論文の評価を読んでいて、ここをこうすればよかったとか色々な反省点がたくさんでてきました。
特に採点者の最後の一言が私のやる気に火をつけました。

「意味を理解するのが難しい英文が何箇所かありました」

もうね、やってやるーって気に久々になりましたよ。この一言で。

今までは友人にチェックを入れてもらっていたので英語力に対してのコメントをされることは無かったのですが、やはりネイティブチェックを入れてもらわないと私の英語力ではいい論文は書けないのだなという事がよくわかりました。

ぎりぎりのスコアでもなかったし、他のネイティブのマネージャー達のエッセーともあまり違わないスコアでした。
でも合格できればいいと妥協するか、もっといいものが書けるように努力するか。
最近この努力が日々の雑務に追われておざなりになっていたような気がします。

今日は早速近くのカレッジで行われているケンブリッジ英検のクラスに関する問い合わせを行い、申し込んできました。

オーストラリアでケンブリッジ英検のクラスにいたときは多分生涯で一番勉強していたと思います。
毎回の模試で自分の英語力の無さを見せ付けられて、自分のできなさに腹が立って泣きながら勉強してた日々。そのおかげで3ヵ月後には飛躍的に英語力が伸びました。

仕事もなんとなくこなせている。
大学院の課題も無難に仕上げることが出来る。
そんな状況に慣れきってしまい、努力をするということが段々なくなっていました。
今の私にはオーストラリア時代のような必死さが欠けているようです。

これからは大学院の授業の後は大学の英語の無料サポートを受け、それ以外の日はEmailによる授業を受けることも始める予定です。
ケンブリッジ英検のコースは4月から開始し、週に二回午前中二時間通う予定。

来月にはホリデーが待っているとちょっと浮かれていたのですが、負けず嫌いな性格に火がついたので浮かれた気を引き締めて勉強もがんばらないとなーと思った一日でした。







[2007/02/16 01:35] 英語 | TB(0) | CM(6)